恋愛マーケティング

自分革命でモテない男からモテる男に変身する方法 〜 by 恋愛マーケティング研究所

*

深追いしすぎるな!「損切り」できない男は投資でも恋愛でも損をする

      2014/10/22

LINEで送る
Pocket

株式投資の世界では損切りできるかどうかは、投資を成功させるための非常に重要なポイントになります。

「損切り」とは、損が生じている投資商品を見切って損失を確定することです。

たとえば、株価が下がり、100万円投資した商品の価格が90万円になったとします。

ここで損切りできれば10万円の損失で済みます。

しかし、「今は損してるから・・・」といつまでも損切りできないと、さらに株価が下がった場合に損失はもっと大きくなってしまうのです。

30万円も損失が増えてしまった時に「あの時に損切りできていれば、10万円の損失で済んだのに・・・」と後悔しても後の祭りです。

だからこそ、「○万円まで損失が出たら損切りする」と事前にルールを決めておくことが重要な投資戦略となります。

これは恋愛戦略にも当てはまります。

口説ける可能性が低い女性に貴重な時間やお金、エネルギーを使い続けていけません。

「あっ、この女を口説ける可能性はゼロに近いな・・・」と悟ったら、すぐに損切りしてしまいましょう。

ムキになってダラダラと口説き続けていけません。

その女性に使っている時間やお金、エネルギーを他の女性に使っていたら、複数の女性とセックスできているかもしれません。

ですから、前もって「これだけの時間とお金を使ってダメだったら損切りする」と決めておくことが重要です。投資と一緒ですね。

成功率1%の男性がとるべき口説きの戦略

あなたの成功率が1%だとします。

つまり、100人の女性にアプローチしたら、1人とセックスできるということです。

この場合、どんな戦略が一番効率的でしょうか?

それは1日でも早く100人にアプローチすることです。

そのためには、1人にかける時間をできる限り短くする必要があります。

だからこそ、損切りが重要になってくるのです。

口説ける見込みがあるなら時間やお金やエネルギーをかける意味がありますが、口説ける見込みがゼロに近い女性はどんどん損切りです。

1日も早く100人にアプローチするために、失敗を恐れずどんどん声をかけることも重要です。

どんどん声をかけて、可能性が低い女性は損切りして、可能性が見込める女性だけに貴重な時間を使います。

数をこなしているうちに、成功率は1%から2%へと上昇します。

そうなると、1日でも早く50人にアプローチすることが重要になります。

このように、数をこなして、損切りしながらセックスできる女性を見極め、成功率を高めていきましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事をブログなどで紹介する:

狙った女を確実に手に入れる恋愛レシピ100本 »
学校では絶対に教えてくれない、モテるヤツがひっそり内緒でやっていること。

  関連記事

メールの返事が来ない、電話しても出ない、折り返し電話もない時の対処法

クラブ、合コン、パーティー、ストリートで女性と知り合って連絡先を交換。 翌日以降 …

なぜ既婚者男性は独身女にモテるのか?結婚している男の魅力とは?

40歳になっても未だに結婚せずに独身のままでいる男が増えている。 結婚しない男に …

no image
何はともあれ外に出よう!日常は出会いの連鎖

自己改革を完璧にやって、モテの知識を完全武装しても、それを使う相手がいなければモ …

no image
男としての「絶対的な自信」を持つには心の中の弱い部分を捨てろ

ナンパにしても、恋愛にしても、異性同性問わずの対人関係にしても、他者といい関係を …

守破離、真似ることは学ぶこと〜最短で結果を出したいなら、すでにできている人の真似をしろ!

新しい取り組みをする時、何か新しいことに挑戦するとき、できるだけ早く結果を出した …

メール返信率を上げる方法、返信率はメアド交換時にすでに決まっている

ナンパしてメアドを交換したので、メールを送ってみると返信が来ない・・・。 合コン …

職場で公私を分けすぎると、職場の恋愛フィールドでは勝てない

職場では公私を完全に分けている人は少なくない。 中には「職場では彼女を作らない」 …

no image
高額なナンパ塾には入らない方がいい理由、投資先を間違えるな!

世の中にはナンパ塾というものが存在するそうです。 その塾ではナンパの仕方を教えて …

Facebook(フェイスブック)で勝手に写真が共有されるのにムカつくのは古い

Facebook(フェイスブック)では自分の友人関係が不特定多数の友人に公開され …

早漏だからって悩むことなない!ユーモアに変えてピンチをチャンスにする

人によっては早漏で悩んでいる男性もいるかと思います。 やっぱり、早くイッてしまう …