恋愛マーケティング

自分革命でモテない男からモテる男に変身する方法 〜 by 恋愛マーケティング研究所

*

CPS(Cost Per Sex)を考えてお金・時間・エネルギーを配分しながら女性を口説く

      2015/04/09

LINEで送る
Pocket

深追いしすぎるな!「損切り」できない男は投資でも恋愛でも損をするでも触れましたが、口説ける可能性の低い女性にズルズルと貴重なお金・時間・エネルギーを注ぎ続けるのは利口ではありません。

どこかのタイミングでスパッと切って、別の女性に貴重なお金・時間・エネルギーを配分すべきです。

損切りするタイミングを見極めるためにも、あらかじめCPS(Cost Per Sex)を決めておくことをオススメします。

CPS(Cost Per Sex)とは「セックスにたどり着くまでにかかるコスト」のことです。

この場合のコストとはお金だけではありません。時間やエネルギーもコストです。

お金の場合は「セックスできるまでに使う金額はいくらまで」と決めておきます。

たとえば、事前に食事代とホテル代で3万円と決めておき、そこまで投資して口説けなかった場合は損切りして、次の女性に迷わず行きます。

時間の場合は「セックスできるまでに使う時間は何時間まで」と決めておきます。

たとえば、3回までのデートでSEXできなかった場合は損切りして、次の女性に迷わず行きます。4回目のデートはありません。

エネルギーは「時間+お金=エネルギー」と考えてよいと思います。時間を投資するということは、そこに自分のエネルギーも投資されますし、お金も自分のエネルギーが稼いだものですから。

「あの子は今度のデートでどうやって口説こうかな?」などと考えるのもエネルギーです。

でも、お金か時間のどちらかで損切りが決定したら、その子には自分のエネルギーは一切投資しません。

女性を口説くには多くのエネルギーが必要です。しかし、損切りするということは貴重なエネルギーを見込みの薄い対象に投資せずに、もっと可能性の高い対象に投資できるということです。

しかし、多くの男性はお金・時間・エネルギーの配分を考えながら女性を口説くことをしません。むしろ、貴重な資産をダラダラと垂れ流しながらダラダラと口説きます。

1回目のデートから果敢にホテルに誘って、高級レストランにも連れて行って全額おごったのに、3回デートした結果は手をにぎって歩いただけ・・・

こういう時、たいていの男は過去の損失を取り戻そうとムキになり、その女性をどんどん深追いしてしまいます。

どツボにハマってしまうのです。ひと昔前に話題になった「アッシー君(足として使われる)」「メッシー君(ご飯だけおごらされる)」状態です。。

しかし、このような状況に陥った場合、その後、どんなに頑張ってもいい結果が出ることはほとんどありません。

ですから、そんな女性はとっとと諦めて損切りして、他の女性にお金・時間・エネルギーという貴重な資産を配分すべきです。

そうでないと、いつまでもたっても余裕のない情けない男から抜け出せません。

もし、損切りしてしばらくしてから相手の女性から「久しぶり!元気?」みたいなメールが来たら、次のように返信してやりましょう。(自分と相手の関係性を考えて、最適な形に書き換えて下さい。)

「おう!久しぶり!相変わらずヒマしてるみたいだね。
俺は仕事にプライベートに忙しいけど充実した毎日を送っているよ!
悪いけど、俺とセックスするつもりのない女を相手するほど、今の俺は暇人じゃないから、別の男をあたってくれるかな。では!」

1行目から「相変わらずヒマしてるみたいだね。」と始まって、完全に相手をディスっています(笑)

そして、3行目ではっきりと「とセックスするつもりのない女を相手するほど、今の俺は暇人じゃない」と言ってやります。

完全に主従関係の逆転です。

しかも、たった3行で返信を済ませます。「長いメールを書くほど、お前に価値は感じてないよ」という主張の現れです。

どうせ損切りした女なので、怒ってもかまいません。ガツンと言ってやりましょう。

こういう姿勢を見せるからこそ、余裕というものが生まれてくるのです。

女性によっては、このようなメールを送った後にアナタのことが気になって気になってしょうがなくなり、向こうからデートに誘ってくる場合があります。ドMな女性に多いです。

女性とセックスするために、奴隷のようにヘコヘコするのはやめましょう。

CPS(Cost Per Sex)を事前に考えておき、お金・時間・エネルギーを配分しながら女性を口説く習慣をつけるといいでしょう。

世界には数えきれないほどのいい女がいるのですから。

LINEで送る
Pocket

この記事をブログなどで紹介する:

狙った女を確実に手に入れる恋愛レシピ100本 »
学校では絶対に教えてくれない、モテるヤツがひっそり内緒でやっていること。

  関連記事

no image
本質的な優しさとはギャップとユニークさを織り交ぜた居心地のよい空間

女性を口説くのに「絶対的な自信」と共に持っておくべきことは「本質的な優しさ」です …

口説くとは自分を売り込む行為ではなく、女が居心地の良い場所を作ること

知り合いに新宿歌舞伎町のキャバクラでナンバーワンになった子がいた。 まぁ、ずーと …

no image
男としての「絶対的な自信」を持つには心の中の弱い部分を捨てろ

ナンパにしても、恋愛にしても、異性同性問わずの対人関係にしても、他者といい関係を …

no image
深追いしすぎるな!「損切り」できない男は投資でも恋愛でも損をする

株式投資の世界では損切りできるかどうかは、投資を成功させるための非常に重要なポイ …

礼儀正しすぎたり真面目すぎる奴は、女とツッコミ合えないのでモテない

へんに真面目すぎ、他人に対して礼儀正しくなりすぎる男は実はモテない。 「礼儀正し …

no image
カッコつけてイイ人になっても女は口説けない、素直に性的関心を示すべき

男は女性の前ではムダにかっこつける生き物です。 そして、いい人を演出します。 い …

メール返信率を上げる方法、返信率はメアド交換時にすでに決まっている

ナンパしてメアドを交換したので、メールを送ってみると返信が来ない・・・。 合コン …

no image
本気でセレブを演じれば周囲は本物のセレブと思い込む、演じることのパワー

恋愛マーケティング研究所では「演じる」ことの重要性に何度か触れています。 自分に …

no image
何はともあれ外に出よう!日常は出会いの連鎖

自己改革を完璧にやって、モテの知識を完全武装しても、それを使う相手がいなければモ …

人の話を最後まで聞く、話すスピードを相手に合わせる。

「口説くとは自分を売り込む行為ではなく、女が居心地の良い場所を作ること」でも書い …

持久力がなく途中で萎えてしまい、中折れしちゃう人にオススメです »