恋愛マーケティング

自分革命でモテない男からモテる男に変身する方法 〜 by 恋愛マーケティング研究所

*

人の話を最後まで聞く、話すスピードを相手に合わせる。

   

LINEで送る
Pocket

人の話を最後まで聞く

口説くとは自分を売り込む行為ではなく、女が居心地の良い場所を作ること」でも書いたが、モテない男は「相手の居心地」を気にするようにすべきだ。

これは女だけでなく、同姓に対しても有効だ。

男にも女にもモテない男は、自分の居心地ばかり考えてしまう。。

逆に、モテる男は男女問わず「相手の居心地」をまず考え、接するようにする。

コミュニケーションで特に意識すべき点は以下の2つ。

  • 人の話を最後まで聞く
  • 話すスピードを相手に合わせる

人の話を最後まで聞く

まず1つ目は「人の話を最後まで聞く」だ。

これは当たり前にように感じるが、意外と盲点だと思う。

というのも、多くの人は相手が話している途中に疑問点があったら、相手が話しているにも関わらず質問してしまうからだ。

でも、それって相手のトークを遮っているわけで、相手からしたら「なんで私が喋っているのに遮って質問するかな・・・?」と思う。

だから、質問するなら相手が話し終わるのをグッと待って、話し終わってからだ。

こうすることによって、相手は話を遮られないので、居心地よく話せるようになる。

話すスピードを相手に合わせる

2つ目は「話すスピードを相手に合わせる」だ。

これもあまり意識している人は少ないのではないか?

相手が早口なのに、自分がゆっくり話していたら、相手はイライラをするだろう。

相手がゆっくり話すのに、自分が早口で話していたら、相手は疲れてしまうだろう。

相手に心地よく感じて欲しいなら、相手の話すスピードに合わせるべきだ。

話すスピードを合わせることによって、相手は会話に居心地の良さを感じるようになる。

こうして、居心地の良い空間を提供することで、好感度を積み上げることができる。

第一印象でマイナスだったとしても、話す量に従って、どんどん「居心地の良さ」という「快楽」を与え、印象を逆転させる。

相手に気持よく話してもらい、「あっ、この人といると楽しいかも」と思ってもらう。

このように思ってもらえれば、女は口説きやすくなるだろうし、相手が男だったとしても、より良い人間関係が構築できるだろう。

LINEで送る
Pocket

この記事をブログなどで紹介する:

既読スルーになり得ないLINE会話術 »
女の子が喜ぶLINEならでは会話の仕方。

  関連記事

no image
本気でセレブを演じれば周囲は本物のセレブと思い込む、演じることのパワー

恋愛マーケティング研究所では「演じる」ことの重要性に何度か触れています。 自分に …

no image
女性と付き合ってから関係を維持するための宝石対策、女は宝石、男は金

これは男女ともに当てはまる話ですが、恋人ができてから関係を維持するために重要なこ …

no image
女性が好きな男は常に自分に自信を持っている人、自分に自信を持つ方法

女性が好きな男は、いつなんどきも自信に満ちた態度を持つ男です。 それはつまり、社 …

自分中心の会話でなく女が主人公になる会話をしろ!

女性と二人っきりで話すとき、自分の話が中心の会話で盛り上がったとしても、すぐに切 …

no image
本質的な優しさとはギャップとユニークさを織り交ぜた居心地のよい空間

女性を口説くのに「絶対的な自信」と共に持っておくべきことは「本質的な優しさ」です …

あえて負ける、脇役に徹する、自分を知ってもらうとするのではなく相手を知ろうとする

自己主張が強い人にオススメなのが「あえて負ける」ということだ。 この場合の「負け …

財布は高級品を使い、財布にはたくさんお金を入れておく
財布は高級品を使い、財布にはたくさんお金を入れておく

今の時代、銀行は超低金利時代です。 普通預金の金利は0.03%程度で、100万円 …

メール返信率を上げる方法、返信率はメアド交換時にすでに決まっている

ナンパしてメアドを交換したので、メールを送ってみると返信が来ない・・・。 合コン …

職場で公私を分けすぎると、職場の恋愛フィールドでは勝てない

職場では公私を完全に分けている人は少なくない。 中には「職場では彼女を作らない」 …

一人の女に固執しないためには複数の女を同時に追いかけること以外にない

持久力がなく途中で萎えてしまい、中折れしちゃう人にオススメです »