恋愛マーケティング

自分革命でモテない男からモテる男に変身する方法 〜 by 恋愛マーケティング研究所

*

人間が哺乳類である以上、異性は早い者勝ちなのは自然の摂理。恋愛は競争。

   

LINEで送る
Pocket

恋愛は競争 イイ女は 早い者勝ち!

「狙った女を手に入れる!常勝モテ男 恋愛レシピ100」を読んで、まず始めにハッとしたのは次のフレーズだ。

異性が早い者勝ちなのは、我々人間が哺乳類である以上自然の摂理

「異性は早い者勝ち」つまり、「いい女は早い者勝ち」ということだ。

常勝モテ男 恋愛レシピ100」によると、男女の恋愛適齢期を以下のように設定すると・・・

男:19歳〜64歳
女:19歳〜34歳

女1人に対して、男は3人になるそうだ。

3人の男で1人の女を奪い合うという構図だ。

ただ、女にも美人とそうじゃない人がいる。

美人は10人に1人と設定すると、女(美人)の数は10分の1になるので、30人の男で1人の女(美人)を奪い合っているということになる。

さらに、19歳から24歳の若くて美人な子に限定すると、女(19歳〜24歳の美人)の数は30分の1になるとすると、90人の男で1人の女(19歳〜24歳の美人)を奪い合っているということになる。

「常勝モテ男 恋愛レシピ100」には「若くて可愛い子はモテて当たり前。常に複数の彼氏候補がいる。」と言っているが、こうやって計算してみると、本当にそれが実感できる。

仮に、アナタがキャバクラで21歳の女の子を口説こうとしているとする。

その21歳のキャバ嬢の周りには、自分以外に約90人のライバルがいると思った方がいい。

そして、そのキャバ嬢は常に男たちを比べている。

アナタも他の男と比べられている。

この厳しい相対評価の中で、目当ての女を勝ち取るのが恋愛であり、そして可愛い女は早い者勝ちであるという現実。

こうやって改めて客観的に恋愛と向き合ってみると、恋愛ってビジネスと同じだなぁ〜と思う。

常に競争にさらされて、常に新しいライバルが現れ、常に革新していかなければならない。

常に努力し、常に武器を磨き、常に進化する姿勢が必要だと思う。

恋愛市場で結果を出すのは、ビジネスで結果を出すのと同じくらい難しい。過去にモテたとかは一切関係なし。

今、そして未来に向かって戦略的に取り組まないと、勝てる勝負も勝てないくらいの気持ちで望む必要があると「狙った女を手に入れる!常勝モテ男 恋愛レシピ100」を読んで強く感じた。

LINEで送る
Pocket

この記事をブログなどで紹介する:

狙った女を確実に手に入れる恋愛レシピ100本 »
学校では絶対に教えてくれない、モテるヤツがひっそり内緒でやっていること。

  関連記事

あえて負ける、脇役に徹する、自分を知ってもらうとするのではなく相手を知ろうとする

自己主張が強い人にオススメなのが「あえて負ける」ということだ。 この場合の「負け …

世の中の男の9割は「欲求不満の意気地なしで単なるカッコつけのバカ」

世の中の男の9割はハッキリ言って「欲求不満の意気地なしで単なるカッコつけのバカ」 …

no image
カッコつけてイイ人になっても女は口説けない、素直に性的関心を示すべき

男は女性の前ではムダにかっこつける生き物です。 そして、いい人を演出します。 い …

メールの返事が来ない、電話しても出ない、折り返し電話もない時の対処法

クラブ、合コン、パーティー、ストリートで女性と知り合って連絡先を交換。 翌日以降 …

追いメール、既読スルー後の質問メッセージ、深夜の連投はモテない男のすること

「常勝モテ男 恋愛レシピ100」を読むことをオススメする。 メールにしろ、LIN …

no image
男としての「絶対的な自信」を持つには心の中の弱い部分を捨てろ

ナンパにしても、恋愛にしても、異性同性問わずの対人関係にしても、他者といい関係を …

no image
何はともあれ外に出よう!日常は出会いの連鎖

自己改革を完璧にやって、モテの知識を完全武装しても、それを使う相手がいなければモ …

no image
高額なナンパ塾には入らない方がいい理由、投資先を間違えるな!

世の中にはナンパ塾というものが存在するそうです。 その塾ではナンパの仕方を教えて …

no image
本気でセレブを演じれば周囲は本物のセレブと思い込む、演じることのパワー

恋愛マーケティング研究所では「演じる」ことの重要性に何度か触れています。 自分に …

人の話を最後まで聞く、話すスピードを相手に合わせる。

「口説くとは自分を売り込む行為ではなく、女が居心地の良い場所を作ること」でも書い …

持久力がなく途中で萎えてしまい、中折れしちゃう人にオススメです »