恋愛マーケティング

自分革命でモテない男からモテる男に変身する方法 〜 by 恋愛マーケティング研究所

*

守破離、真似ることは学ぶこと〜最短で結果を出したいなら、すでにできている人の真似をしろ!

   

LINEで送る
Pocket

守破離 真似ることは 学ぶこと!

新しい取り組みをする時、何か新しいことに挑戦するとき、できるだけ早く結果を出したいと思うのが人間だ。

人によっては、何をやっても時間がかかってしまう亀のような人もいる。

そのような人は、心の底からスピーディーに結果を出す方法を知りたいと思っているはずだ。

彼女がずーといない人なら、最短で恋愛で結果を出す方法を知りたいと思っていることだろう。

さて、格闘技が好きな人は聞いたことがあると思うが、武道の世界では「守破離(しゅはり)」という言葉がある。

格闘技で最短で結果を出したいなら「守破離」するのが一番良いと言われている。

ここで、Wikipediaの「守破離」の説明を引用したいと思う。

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

簡単にまとめると、以下のようになる。

(1)師匠の型を守る
(2)師匠の型を破る
(3)師匠の型から離れる

ここで一番大切なのが、最初の「師匠の型を守る」ということだ。

「師匠の型を守る」とは具体的に言うと、「師匠の型を真似する」ということだ。

このケースの「型」とは「スタイル」と言い換えると、より分かりやすくなるかもしれない。

つまり、「師匠のスタイルを真似する」ということだ。

恋愛で最短で結果を出したかったら、すでに恋愛で結果を出しまくっている人の真似をすればいいということだ。

つまり、常勝モテ男 恋愛レシピ100の真似をすれば、最短で結果が出るということだ。

さらに、常勝モテ男 恋愛レシピ100には、「模倣(マネ・形)から入ればほぼ成功する」という心強い言葉もある。

ただ、人によっては真似することが苦手な人もいることだろう。

ついつい、自分の能力を過信して、オリジナルスタイルを模索してしまう人は少なくない。

変にプライドが高いので、「人の真似なんてしたくねぇ」とか思いながら生きている。

だから、結果が出るようになるまで時間がかかってしまう。。。

そんな人こそ、今後は素直に愚直に真似して欲しい。

しょせん、その道のプロには敵わないのだから・・・。

LINEで送る
Pocket

この記事をブログなどで紹介する:

狙った女を確実に手に入れる恋愛レシピ100本 »
学校では絶対に教えてくれない、モテるヤツがひっそり内緒でやっていること。

  関連記事

no image
高額なナンパ塾には入らない方がいい理由、投資先を間違えるな!

世の中にはナンパ塾というものが存在するそうです。 その塾ではナンパの仕方を教えて …

礼儀正しすぎたり真面目すぎる奴は、女とツッコミ合えないのでモテない

へんに真面目すぎ、他人に対して礼儀正しくなりすぎる男は実はモテない。 「礼儀正し …

なぜ既婚者男性は独身女にモテるのか?結婚している男の魅力とは?

40歳になっても未だに結婚せずに独身のままでいる男が増えている。 結婚しない男に …

一人の女に固執しないためには複数の女を同時に追いかけること以外にない

財布は高級品を使い、財布にはたくさんお金を入れておく
財布は高級品を使い、財布にはたくさんお金を入れておく

今の時代、銀行は超低金利時代です。 普通預金の金利は0.03%程度で、100万円 …

no image
本気でセレブを演じれば周囲は本物のセレブと思い込む、演じることのパワー

恋愛マーケティング研究所では「演じる」ことの重要性に何度か触れています。 自分に …

口説くとは自分を売り込む行為ではなく、女が居心地の良い場所を作ること

知り合いに新宿歌舞伎町のキャバクラでナンバーワンになった子がいた。 まぁ、ずーと …

Facebook(フェイスブック)で勝手に写真が共有されるのにムカつくのは古い

Facebook(フェイスブック)では自分の友人関係が不特定多数の友人に公開され …

自分中心の会話でなく女が主人公になる会話をしろ!

女性と二人っきりで話すとき、自分の話が中心の会話で盛り上がったとしても、すぐに切 …

恋愛について学ぶことはコミュニケーションや人間関係を学ぶこと

「常勝モテ男 恋愛レシピ100」を読んで変わった。そして、やっと結婚した。 今ま …