恋愛マーケティング

自分革命でモテない男からモテる男に変身する方法 〜 by 恋愛マーケティング研究所

*

礼儀正しすぎたり真面目すぎる奴は、女とツッコミ合えないのでモテない

   

LINEで送る
Pocket

真面目すぎる男は 一緒にいて   楽しくないので    モテません・・・

へんに真面目すぎ、他人に対して礼儀正しくなりすぎる男は実はモテない。

「礼儀正しい」と言うと良いことのように感じるかもしれないが、別の見方をすれば、いつまでも壁を作っている状態。

身近な存在には感じられないから、ボケ・ツッコミ合いもできない。

相手もかしこまってしまう。

居心地の良い空間とは反対の空間ができてしまう。

また、礼儀正しくしている状態を続けるとは、楽な選択肢を選び続けているとも言える。

より仲良くなろうと相手にツッコミを入れてみたり、ボケたりする必要なんてないからだ。

笑いを作ったり、和ませたりする努力をしなくてもいい。

ただ、無難な受け答えをすればいいだけ。

相手は楽しくないから、「できるだけ早くこの人の元を去ろう」と考える。

居心地が悪い空間の出来上がり・・・。

こういう人は女からモテないどころか、男からもモテないので友達が少ない。。

恋愛の教科書「狙った女を手に入れる!常勝モテ男 恋愛レシピ100」に「モテる男はどんな場所でも相手が誰でも楽しめる。楽しんでいるから人が寄ってくる。だから男友達も多い。」とある。

モテない男は場が自分に向いてなかったり、その場にいる人が自分に合わないと思うと、その場で楽しむことを諦める。

そういう時の諦めの良さはすごく良い。。

みんなを楽しませようとせず、どちらかというと、クールガイを気取ってしまう。。

楽しいオーラが出ていないから、男友達も増えなければ、女も寄ってこない。。

まさに、負のスパイラル・・・。

逆に、女だけでなく男からもモテる男とは、以下のように振る舞う男だ。

  • いつでもどこでも誰とでも楽しめる。
  • 適度に礼儀正しいけど、一緒にいてボケ・ツッコミ合いができる。
  • 一緒にいても、相手に気をあまり使わせない。
  • 相手にとって居心地のいい空間を作ろうとする。

そもそも、ツッコミ合いができない男の前で女は裸にはならない。

気を許せない奴に体を許すわけがない。

真面目すぎるのもダメ。適度にテキトーさも必要というわけだ。

LINEで送る
Pocket

この記事をブログなどで紹介する:

狙った女を確実に手に入れる恋愛レシピ100本 »
学校では絶対に教えてくれない、モテるヤツがひっそり内緒でやっていること。

  関連記事

no image
男としての「絶対的な自信」を持つには心の中の弱い部分を捨てろ

ナンパにしても、恋愛にしても、異性同性問わずの対人関係にしても、他者といい関係を …

人間が哺乳類である以上、異性は早い者勝ちなのは自然の摂理。恋愛は競争。

「狙った女を手に入れる!常勝モテ男 恋愛レシピ100」を読んで、まず始めにハッと …

no image
女性が好きな男は常に自分に自信を持っている人、自分に自信を持つ方法

女性が好きな男は、いつなんどきも自信に満ちた態度を持つ男です。 それはつまり、社 …

一人の女に固執しないためには複数の女を同時に追いかけること以外にない

no image
本気でセレブを演じれば周囲は本物のセレブと思い込む、演じることのパワー

恋愛マーケティング研究所では「演じる」ことの重要性に何度か触れています。 自分に …

人の話を最後まで聞く、話すスピードを相手に合わせる。

「口説くとは自分を売り込む行為ではなく、女が居心地の良い場所を作ること」でも書い …

no image
本質的な優しさとはギャップとユニークさを織り交ぜた居心地のよい空間

女性を口説くのに「絶対的な自信」と共に持っておくべきことは「本質的な優しさ」です …

あえて負ける、脇役に徹する、自分を知ってもらうとするのではなく相手を知ろうとする

自己主張が強い人にオススメなのが「あえて負ける」ということだ。 この場合の「負け …

職場で公私を分けすぎると、職場の恋愛フィールドでは勝てない

職場では公私を完全に分けている人は少なくない。 中には「職場では彼女を作らない」 …

自分中心の会話でなく女が主人公になる会話をしろ!

女性と二人っきりで話すとき、自分の話が中心の会話で盛り上がったとしても、すぐに切 …