恋愛マーケティング

自分革命でモテない男からモテる男に変身する方法 〜 by 恋愛マーケティング研究所

*

職場で公私を分けすぎると、職場の恋愛フィールドでは勝てない

   

LINEで送る
Pocket

職場では仕事でも女でも ナンバーワンを目指せ!

職場では公私を完全に分けている人は少なくない。

中には「職場では彼女を作らない」というルールを作っている男もいるくらいだ。

それだけ、仕事で誰よりもすごい結果を出したいと思っているということだ。

でも、あとで振り返ると、たいていの人は「1人くらい誰かと付き合っておけばよかった」と思う。

「そのくらいの余裕が欲しかったなぁ〜」と思う。

仕事を頑張っている時は、仕事で結果を出すことで精一杯で。まさに、仕事が恋人状態。

仕事で結果を出すことを最優先するサラリーマンは、ライバルを負けないために、仕事でどんなに結果を出しても満足できなくなる。

社内の先輩に勝ったとしても、「そんなの当たり前」くらいに思ってしまう。

社内の飲み会にも、あまり顔を出さなくなる。

新卒で可愛い子が入ってきて、歓迎会とかあっても、仕事を理由に欠席する。

内心、その子と仲良くなりたいと思っていたにも関わらず、プライドがそれを許さない。

社内では本当に仲が良い奴としかつるまないし、飲みにも行かない。

こんなキャラなので、どんなに仕事で結果を出しても、社内の女の子は近づいてこない。

かなりの確率で、小難しい面倒くさい奴と思われてしまう。

狙った女を手に入れる!常勝モテ男 恋愛レシピ100」には社内の女の口説き方についてかなり詳細に書いてあるが、これを読むと、今説明したサラリーマンの社内のでふるまい方は典型的なモテない君そのものだとということが分かる。

とにかく、職場で公私を分けすぎると、職場の恋愛フィールドでは絶対に勝てない。

女を口説くことを重視するのか、仕事で結果を出すことを重視するのかによって変わってくるが、どうせならどっちでも結果を出せた方がいい。

社内のいい女を抱いて、仕事でもナンバーワンの結果を出す。

これこそが最高だ。

LINEで送る
Pocket

この記事をブログなどで紹介する:

狙った女を確実に手に入れる恋愛レシピ100本 »
学校では絶対に教えてくれない、モテるヤツがひっそり内緒でやっていること。

  関連記事

口説くとは自分を売り込む行為ではなく、女が居心地の良い場所を作ること

知り合いに新宿歌舞伎町のキャバクラでナンバーワンになった子がいた。 まぁ、ずーと …

no image
何かが起こることを待っていても何も起きない、女性から声をかけることはない

クラブに遊びに行っても、踊るわけでも女の子に声をかけるわけでもなく、壁際に立って …

no image
男としての「絶対的な自信」を持つには心の中の弱い部分を捨てろ

ナンパにしても、恋愛にしても、異性同性問わずの対人関係にしても、他者といい関係を …

no image
女性と付き合ってから関係を維持するための宝石対策、女は宝石、男は金

これは男女ともに当てはまる話ですが、恋人ができてから関係を維持するために重要なこ …

なぜ既婚者男性は独身女にモテるのか?結婚している男の魅力とは?

40歳になっても未だに結婚せずに独身のままでいる男が増えている。 結婚しない男に …

自分中心の会話でなく女が主人公になる会話をしろ!

女性と二人っきりで話すとき、自分の話が中心の会話で盛り上がったとしても、すぐに切 …

メールの返事が来ない、電話しても出ない、折り返し電話もない時の対処法

クラブ、合コン、パーティー、ストリートで女性と知り合って連絡先を交換。 翌日以降 …

あえて負ける、脇役に徹する、自分を知ってもらうとするのではなく相手を知ろうとする

自己主張が強い人にオススメなのが「あえて負ける」ということだ。 この場合の「負け …

一人の女に固執しないためには複数の女を同時に追いかけること以外にない

人の話を最後まで聞く、話すスピードを相手に合わせる。

「口説くとは自分を売り込む行為ではなく、女が居心地の良い場所を作ること」でも書い …

持久力がなく途中で萎えてしまい、中折れしちゃう人にオススメです »